客室清掃という仕事(2)ビジネスホテル

公開日: 5/12/2016 ビジネスホテル 客室清掃 仕事内容


ビジネス(シティ)ホテルのお仕事です。






















 仕事には多くの種類があります。名前を聞いただけでは「なんだそれ?」と疑問に思うことはあると思いますが、詳細を知ることで興味が沸くこともあるかもしれません。そこで多くの仕事の中で私が体験した仕事はどのような仕事でそれについての詳細と、 求められるであろうこと注意点などを書いてゆきたいと思います。

 今回は客室清掃という仕事です。そのなかでもビジネスホテルの客室清掃を紹介します。


差別のある職業


 なぜだかわかりませんがこの仕事は女性が優遇されます。多くが女性を積極的に雇い入れたく、また外国人の採用されていることもあるようです。即ち男性の日本人は採用される可能性は低いです。


仕事の詳細


 ビジネスホテルの多くがユニットバスつきの客室なのですが、ユニットバスの風呂とトイレ掃除が概ね10-15分、ベッドメイクとアメニティを揃える時間が10分程度として一部屋2~30分で仕上げます。

 風呂は洗剤を薄めた液でざっと洗ってお湯で流し、毛や水滴が残らないように拭き上げて終わりです。かがみと洗面を拭いて水垢や水滴を消します。多くのビジネスホテルでユニットバスが採用されていますが、ユニットバスの素材上ユニットバス全体に水滴が残りにくくユニットバスの構造上一人用の釜である場合が多いため、ラブホテルに比べると掃除はしやすいです。

 設置されているベッドはシングルサイズのものが多く、キングサイズのものは多くはありません。ですので小さいサイズのものを一人で仕上げます。①しわなく綺麗に②素早く仕上げることが目標です。私のようにいくら早くベッドメイクできても見栄えが悪いとやり直しをさせられることがあります。

 風呂掃除とベッドメイクが終わったら掃除機でごみを吸って終了です。翌日のアメニティグッズの補充や発注などは勤務後に行います。ですから結果として残業になることが多々あると思います。

 一人前になるには掃除を一人ですべて責任持って行うことです。

 掃除方法はアウト(出発)と、ステイ(連泊)とで違いがあることが特徴です。アウトは部屋の中のごみなどをすべて引き払い掃除をすること、ステイはお客さんの荷物をいじることなく掃除だけすること、といった違いがあります。
 特にステイの場合はお客さんの荷物の盗難が心配されるため、最初はアウト部屋の掃除を出来るようになっていて、管理者に信用されるようになってからステイの部屋の掃除法を教えてもらいます。
 ステイの場合はベッドメイクや風呂掃除はもちろんしますが最低限アメニティのみ補充するようにします。
 シティホテルなどでは日本人のほか外国人観光客が泊まっていることがあり、そうした場合、枕元にチップの置いてあることがあります。一応それは忘れ物として届け出ることが求められます。

 長年勤めているとシフトを決める管理者になることがあります。管理者になりますと、不足したアメニティの発注のほか、だれそれをどこに配置して、といった作業管理をします。
 またここ数年、最近のビジネスホテルの客室清掃の多くはホテルとは別の委託会社となっておりますので、管理者になりますとホテルのフロントさんと何部屋出来た、出来ないといった対応をすることがあります。


求められるもの


 求められるものはある程度の普通さだと思います。特に見た目。汚れを防ぐため白い靴を準備するように言われることが多いです。
 また清掃中にお客さんと接することがあるためかラブホテルとは違って、制服を用意してくれることがあり、さらには黒髪であったりある程度普通の格好が求められます。

 ホテル側としてはチェックインまでに部屋を仕上げておきたい部分があるため、時間に対しては細かく言われることがあると思います。
 ですから動く場合に関しては出来るだけ一回の動きで掃除を完了させるようにして、掃除セットをワゴン(セットやアメニティが揃ったカート)やリネン室に無駄に道具を取りに行かないことが時間を短縮するコツ、求められるものだと思います。たとえば部屋の中ならば、奥から入って入り口に帰ってくるように掃除をすれば一回の移動ですみます。


注意点


 過酷だけども良くも悪くも普通の労働環境です。基本的に一人一部屋を担当することが多く(たまにベッドと風呂とで分業しているところもある)、10時-16時の5時間半勤務のところが多くありますが、ほとんど休憩はありません。最初から何部屋すること、といったノルマの設定されていることが多いです。つまり先の一部屋辺りの所要時間から割り算すると一勤務あたり12~13部屋を仕上げる計算です。慣れるまではスピードマックスであり続ける必要があります。そうしないと終わりません。しかも場合によっては6連勤や7連勤することがあります。

 勤務賃金は最低に近い額だと思います。しかし勤務契約自体はラブホテルと比べしっかりしていることが多いです。確かにシフト勤務はあります。上記のように常にマックスのスピードが求められるため辞める人も多かったり、同僚のお子さんもちの主婦の方の場合お子さんの都合で突然これないことがあったりしパワーバランスは常にむちゃくちゃです。しかし清掃員の方の数は多い場合がかなりあります。ですから今日の明日で仕事しに来い、などといったむちゃくちゃなシフト変更はあまりありません。

 常に体力を使う、賃金は最低、パワーバランスはむちゃくちゃ、と、悪いことを挙げればきりはありません。しかし一方で人と接することが苦手だ、などという人にとっては管理者にならない以上は人と接することが少ないためビジネスホテルの清掃はもってこいなのかもしれません。

 面接はコンスタントに連続勤務が出来れば一番よいと思われます。とにかく常に人が入れ替わる傾向にあるため、極端な話見た目はスーツなどで身を固める必要もないのかもしれません。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿