東京は視野の狭い人がいる。

公開日: 9/20/2013 視野の違い 宣伝方法 東京と京都

東京に来て、事業のチラシ配りをしました。



















東京は京都と違って人が多いです。


「人が多い」ということ、および「意外と東京の人は冷たい」
ということを念頭に置きチラシ配りをしましたが不自由を感じませんでした。
 
しかしわかったこととして人の注意の向くほ方向が違うことがわかりました。
それについて述べます。

















京都では歩いている人の視野は広いのに対し、
東京では歩いている人の視野は進行方向の直線のみということがわかりました。

東京では発信される情報が多く、必要以上の情報を仕入れないため
視野が狭くなっていることが考えられます。
一方京都は観光地であるためいろんなものを見ようとし
視野が広くなっているのかもしれません。

最初は視野の違いがわからなかったため、無視されることに抵抗を感じましたが

視野の違いがわかってからは、無下にチラシを拒否されることなくなりました。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿