経営者の寂しさ

公開日: 9/25/2013 経営 仕事 試練 寂しさ 生き方 専門家

 専門家は実は寂しい。

専門家で
  • 「お金さえあれば十分だ。」
  • 「打ち勝てれば何でも良い。」
と思っている方がいます。
そのような方は他者との競争に打ち勝っている一方寂しさを持っています。

その寂しさはなかなか知れないと思います。
ですが、心の奥底には誰しももっているものでもあると思います。
その気持ち、普段は意識しないけれけど誰しも持つ寂しさを知ることは重要です。
そこでここでは専門家さんの奥底にある寂しさについて書きます。


門家のできるしくみ

専門家は他者から打ち勝って専門家となります。
しかし一方で打ち勝ったからこそ孤独を感じている場合があります。

孤独さの背景には世の中の常識や社会的な理不尽さがあります。

逆に言うと非常識や理不尽さがあり、反骨精神に火がつくと、
誰にでも脅威の力を発揮し、専門家になりえます。


識や理不尽さの中身、怒り

まず自分の中にあります。
自分をはじめ人間は完全ではないからです。

また家族の中にもあります。
家族に自分の主張を強制すると不満が出、関係が悪化します。
悪化し続けると本来休まるべき家庭が休まりません。

さらに会社でも従業員や仲間との間にもあります。
自分以外の全員がYESと言った場合も
目的を達成するためにはNOをださねばならない場合があります。
 そして社外や社会に向けてへもあります。
自分の会社・専門家としてのよがなぜ世に知らせられないのかと寂しくなります。


しさが積もると・対策

これらが寂しさが大きくなると最終的には
病になることがあります。ですから、寂しさを認識し
自分ひとりで処理できなければ他者を頼って対処することが必要となります。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿