理系と文系とにおける論文構造の違い

公開日: 1/07/2014 感想 書き方 読み書きの技法 読書 文系 理系 論文




説明文はある程度の型が決まっています。
その型がわからずに説明文や論文を書いた場合
相手に自分の書いた文の内容を理解してもらえません。
こうした理解してもらえないことは
相手に自分の主張を伝えようとしている場合には問題です。
改善する必要があります。
そこでここでは説明文や論文の要素や形を確認し、
理系と文系とにおける、論文の書き方の違いを示します。


みにくい説明文を読みたい

世には他人の作った文がたくさんあります。
書物や新聞、論文といったものがそうです。
これらは物によって書かれている内容はまちまちですが
説明文や論文に限った場合は、ある共通点があります。

そういった意味では多くのお手本が世の中にはあり、
それらの中でも良文を読み、共通点を理解することで
自分も他人と同じように良い説明文や論文を作ることができます。
また、悪文、即ち理解しにくい文は、その原因を考えますと

①内容自体が難しい場合と

②文の作り方が下手な場合と

があると考えます。

①は学術書や専門書などが言え、
文の形は共通点に倣って整理してあるものの、
内容が難しいためじっくり読まねば理解できません。

②はどの本にでも言うことはできますが、
簡単なことが書かれていたとしてもじっくり読んでも理解できません。
後者②のような文は、よぽどのことが無い限り読まないことが望ましいです。
なぜなら読んでいる時間が無駄だと思うからです。

②のような文は基本的には読むのを避けたいのですが
しかしどうしても読まなくてはならない場合があります。
例えば「~~が、~~が、~~」など「しかし」を意味する言葉を多用した
(中止法) な「長文」があるでしょうか。
この場合、二回目の「が(しかし)」がどの文にかかかっているのかわかりません。
こうした文を理解せねばならない場合は
長文を正文と副文と(言いたいこととその他)に分け、
分けられた文を自分でどのようなことが書かれているか
コメント(要約)し、再結合することで理解できます。

このように、長文を読み解く方法はある程度決まってはいるものの、
文の構造はあまり知られていません。それを知ることは重要です。
また理系と文系とでは結果的に出来る文は同じでも
文の作り方は基本的に異なる場合があります。
そこでここでは文の基本的な形を示しながら、
理系と文系とで文の作り方の違いをまとめます。


明文の意味

説明文は他人の解釈を批判的に継承しています。

かつて利用されてきた
①理論(背景)を下敷きに、
②古い考え(問題)から
③新しい考えを生み出す(方法)ということです。
そうした書き方をはじめに設定した上で
文の作成方法は理系と文系とで以下のように違います。
  • 理系:結論から方法、問題点、背景とさかのぼって作ります。
  • 文系:問題を展開し新たな問題を生み出し作ります。
以下にその図を記します。

図1理系と文系とでの論文の書き方の違い


















本的な文書構造。

説明文の基本的な形は理系も文系も同じです。

  • 形としてみると
大きな題から小さい題への分解がされています。
(出来事は時代順や、大雑把から細かく並べる順序)
次に何を論ずるかと言った段落における思考のまとまりがあります。
各段落におけるアイデアから「疑問」を示す主トピックがあります。
最後に主トピックを支える副トピックがあります。

  • 役割としてみると
背景から方法、結果と考察を通して最後は結論(次課題)となります。


明文の作り方の違い


文系の場合はタイトルがずばり入った問題をタイトルとし、
とにかく書くことを良しとしているようです。
多く文章を書くことで物事を考える機会や視点を増やしたいのだと思います。。

理系の場合は既に行った実験結果を素直に見つめ、
他者とのディスカッションを通して結果の考察を導き出します。
その結果と考察を元にタイトルや概要を考えてゆきます。

いずれも文は出来る限り簡潔に短く書くことが望ましく、
結果と考えとは分ける必要があります。


文を作成する上での注意


なお、「結論」や「思い」にこだわって書いてしまうと
事実が結論に引きずられてしまい、結果を素直に見られなくなります。
もしくは証拠も示さず思い込みで結論付けてしまうこともあります。
(こうであるはずだと思いながら書くと、
 実際にそのように結果が見えてきてしまうということ)

すると本来必要なデータを消してしまったり
あるいは蛇足なデータを添付してしまったりしてしまい
めちゃくちゃな論文になりかねません。

ですから主張は持っていてもいいと思いますが
それにとらわれずに論文を書かれたがよいのではないでしょうか。



それを以下の文章を読んで考えました。
「読み書きの技法(小河原 誠 著 筑摩書房 発行 1996.2)」です。


















最初は縦書きで多く書かれた非常に難解な文章だと思っていましたが
そのようなことはなかったです。
恐らく事前に理系論文の読み方や、理論的な文の書き方を
学んでいたからだと思います。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿