わざとらしくない対応方法を身につけるには

公開日: 9/29/2013 ソーシャルワーク 生きること、寄りそうこと 精神保健 福祉

ざとらしくない対応を

支援の仕事を含め、サービス業のしている方の対応を見る機会があります。
すると人によってはバカ丁寧な対応をされていることに目のつくことがあります。

バカ丁寧なを対応をしているのを見ると
裏にいやいやさせられている感が見て取れます。
他人にこう思わせてしまっては失格です。
よい人間関係が築けず収益も見込めません。

そこでよい人間関係を築き、収益を上げるには
日ごろからどのような考え方を持ったら良いでしょうか。

ここではそれを述べます。


悟による態度の違い

介護の現場を見て回ると時々お年寄りに
凄くわざとらしい対応方法を実践されている方の居ることを目にします。
そのような方は凄く見苦しく感じます。

一方介護されるお年よりは自然さを感じます。
この見苦しさと自然さの違いはどこにあるのでしょうか。

店員とお客さんといった立場の違いもあるでしょうが
私はここに「覚悟の差」があるのではないかと思っています。


めて踏みしめる

死への対応もそうですが、決まってしまったなら決まってしまったで、すでに諦め
その場の立ち居地を確認して、次へ移るような対応をすることが望ましいと思えます。

先ほどの介護の現場での対応もそうです。
対応方法などといった小手先のわざとらしさを捨てて、
対応する人の素直さや自然さをもつことが大事と考えます。


それを以下読んで考えました。
「生きること、寄りそうこと(柏木哲夫著 いのちのことば社発行 2012.1)」

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿