成長には別れ・退路を断つ

公開日: 9/07/2013 生き方

成長には別れ、退路を断つこと


成長をするにあたって必要なものに「別れ」があります。
それは「退路を断つ」ということと同意です。 

「退路を断つ」こと、すなわち
「進むしかなくなる環境を作る」ことは、
たとえどんな結果になろうとも自分にはプラスに働きます。
なぜなら物事は捉え方によって
マイナスにもプラスにもなるからです。


捉え方の問題例


例えばある選択をして失敗した場合であっても
「失敗したこと」がわかってよかったと考えることはできますし
「何が失敗したか」を考えられる余裕があるならば
そうした考えるチャンスが得られた分だけ成長していると思います。

こうした考えには退路を断って行動を移さないとわかりません。
仮に何もしないで漠然と幸せを待っていたとしても
それが自分が幸せになれるとは限りません。


されるがままよりも自ら進んで動く

ですから自分から動き、幸せを自らつかんでいったほうが
良いのではないか、と思います。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿