結婚を破綻させないコツ

公開日: 9/18/2013 感想 結婚 女のものさし 男の定規 生き方 読書 友達 恋愛

婚と離婚

離婚をし最終的に一人で人生を歩むことになることは考えられますが、
結婚期間中は出来る限りよい関係を保ち、長く生活したいと誰しも思っています。
その良い関係を長く保つには、何を大切に考えたらよいのでしょうか、
ここではその人間関係の大事な点大切さを述べたいと思います。

なお、離婚の反対は結婚で、他人の男女が婚姻届という契約書を提出します。
まったく違う環境で育った異なる二人が同じ生活しますから
最初はどんなに意気投合できたとしても、長く生活していくうちに
二人の違いは出てきます。ですから違いはいつまでも認識してかないといけません。


婚して欲する原因

最近は食料、住環境などある程度満たされていて、また少子高齢化です。
このことから子を大事にし過ぎ、他人をないがしろにする傾向がみられます。

こうして過度に甘えられた子ども同士が成人し、そして結婚をすると
男女のお互いがお互いに「結婚してる(付き合ってる)んだからわかってくれるはず」 
と勘違いします。そしてそれが伝わっていないと不満が生じます。
この不満が積もりに積もってゆくと、離婚などの問題になるのです。

ですから結婚相手は自分と違うことを最初の段階で認めること、
また出来た子どもも認めることでよい人生を迎えられると思います。
「こんなところが好きだよ」「それ、良いじゃん」「こんなところが違うね」
こういった相手を認める発信をすることで関係がよくなるかもしれません。


それを以下を読んで考えました。
 「女のものさし 男の定規(NIKKEIプラス1 編 日本経済新聞社発行 2003.9)」です。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿