The Bestではない関係作りが世界を救う

公開日: 9/17/2013 感想 人生の教科書 人間関係 読書 友達

校での解はひとつ

社会で出される課題への解や解決方法は複数あります。
一方学校において出される課題への解や解決方法は通常一つです。
ですから社会の課題解決に向けて学校での課題解決方法は
活かせられないことがあります。ではそのような場合、どうするのでしょうか。

社会への課題解決を考える場合、われわれは何とか課題解決方法を複数出すようつとめます。
そして複数出された課題解決方法から、その時々で最良の選択をしています。
出来るだけ多くの課題解決方法を出すためには、多くの人間の知恵が必要です。

ですから、課題解決方法を複数出すため、知恵を出すことに協力してくれる
利害関係の無い人間関係いわば平等な友達・親友を作ることは重要です。
そこで、ここでは平等な友達・親友を作る方法を書きます。

間関係の本質は

人間関係を作る場合、人は通常最初は受け入れられるかな、という不安を抱いています。
ですからその不安を取り除くため、自分の状態や経験をシェアします。
するとそれを受け入れてくれる人が集まります。これがひとつの関係です。
そしてそれが複数集まることで、多くの方法、課題が解決できます。
順番を書くと
  1. 地位や名声にこだわらず素を出し、素を見ます。
  2. 同じような感情や動作を受け入れ、共有し、問います。
  3. 問いからネットワークが形成され、平等な友達・親友関係ができます。
となります。
出す素や問いにおける言い方によって関係は変わります。

それをこの本を読んで考えました。
藤原和博 人生の教科書「人間関係」 ちくま書房 です。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿