暇つぶしをしている自分に気づく

公開日: 10/07/2013 ソーシャルワーク 精神保健 哲学 福祉

かな担ってえられれたもの、失ったもの

便利になると「時間」や「暇」がたくさん出来ます。
しかし、現在それが有意義に使われているかは疑問です。
自分が有意義に生きるためには、得られた多くの時間を有効に使うことは重要です。
ではそのためにはどうすればよいのでしょうか、ここでは
有意義、満足、最良に生きるための方法を述べます。

豊かで自由な時間が増えると、選択できることが増えます。
すると余計な心配が出てきます。
また本来時間のできたことに意味を持たせ、効率的に処理することを考えます。
いずれにしても満たされない気持ちがあります。

逆に貧しいと今を追われます。「それ」しかすることがありません。
しかし没頭できます。わき目も振っていられません。



から

手放していくのもありです。すると身軽になります。
お金、地位、権威など。「全て手放す」選択もありです。
これまで張り詰めてた気持ちが緩やかになります。
さらに、新たな道が見出せます。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿