自然に相手を受け入れる。

公開日: 10/05/2013 カウンセリング技術 ソーシャルワーク 感想 生き方 精神保健 知ること 福祉

制でしか人は動かない、か。

介護現場で仕事していたときに看護師さんが言いました。
「人間なんて本来だらけるものだし強制しないとあかんねん」
私はそんなことはないと思っています。
相手に動いてもらうことは重要です。では相手に動いてもらうために
指導する側、教育する側としてなにが必要なのでしょうか。
ここではそれを述べたいと思います。


ければならない感と教育

「指導する立場」「教える立場」の人はどこか「完璧必須」な気持ちがあります。
「相手にわからせなくてはならない」と思われている部分があります。
そんなときは流れに任せればいいのです。


でも出来ると錯覚してる。昔は違った。

こうした完璧必須な気持ち、なければならない感は
時代も影響しているのかもしれません。
今はお金や権力があればたいがいのことはできます。
ですからなんでも出来る錯覚をもたれているのです。
しかし、人間は神ではなく不完全です。

昔の日本人は多くが農耕で生を立てていて、限界を知っていました。
農耕では自分でやることはすること以上に天候は重要です。
しかしそれは自分ひとりではどうしようもできませんでした。
ですから自然を受け入れるしかなかったのです。


在に生かす過去の知識

現在で過去の経験を活かす場合、「自然に流される」ことが重要です。
相手がなるようになる、といった絶望の受け入れが役立ちます。
絶望の受け入れが出来ると、相手は所詮変わらない、ダメでもともと感覚がもてます。
すると完璧にこなさなければならない言葉を発することから
最低限こなして欲しいことへの言葉を発することに変わります。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿