付き合う他人を変えて感情を変える

公開日: 10/21/2013 感情鈍磨 気持ち 友達



















人間は人間である以上、感情を持ちえます。
この気持ちの出力割合を間違えると、
「空気が読めない」と呼ばれ他人から疎まれます。
そうした気持ちの悪い状態であるときには
どのような原因が考えられるのでしょうか。
またそれを気持ちの良い状態に改善するには
どのような行動をすればよいのでしょうか。
ここでは付き合う他人について考え
その対策を書きます。

人はいろいろな感情を持ちうる

社会には敏感な方が居る一方で鈍感な方も居ます。
敏感な方も、鈍感な方もその程度が激しいほど
人数としての割合は減って行きます。


こうした人の感情は
知らず知らずに拡大も縮小をされ
病気でない状態ならば通常
喜ばしいことはより喜ばしく、
悲しいことは程度は小さくなります。

そしてこうした感情の起伏には、
「現在付き合っている他人」
の影響していることがあります。

人は知らず知らずのうちに影響を受けている

例えば相手が強い物言いをされている場合で、
かつ自分に不安のある人は、批判された場合には
その批判された”こと”についてショックを受け、落ち込みます。

すると、感情を出したほうが良い場面でも
感情を出さなくなることがあります。
あるいは本来ならば感情を出さなくてもいいような場面でも
変な風に気持ちを出してしまうこともあります。

こうした場面に適していない感情を出すことは
はあまり良い状態とは言えません。


そこで別の他人からの逆補正の影響を受ける

そこでこうした良い状態でない感情を出す場面において
対策を考える必要があります。
その対策はひとつにこれまで付き合ってきた人とは異なる他人と
接することで自分の感情の補正を図ることがあります。

本来人間には楽しいことをより楽しく、
悲しいことはより小さく、することが出来るのです。
それを他人との関係を通して補正することが出来る
人と人との関係はアンプ的な役割もあると考えています。

このように付き合う他人を変えると
素直に且つ正直な感情を持つことができます。
すると良い生活が出来る可能性を持つことが出来るのだと思います。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿