組織のやる気を高めるには

公開日: 12/11/2013 感想 経営 働く人の喜びを生み出す会社 読書


まの社会

いま、日本人も日本の会社も非常に

短絡的、マニュアル的
極度な数値的、金銭的、機械的


となっています。



















加えて

モチベーションの減点主義

がなされつつあることから、組織内の人は
孤立や不安、失敗の許容のされなさ
居場所の無さがあると考えられます。

それに対して出される策もバカヨケ的で
根本的な解決に至っていないこともあるのでしょう。


の成長

そういった変化の激しい混沌とした現代社会で生き残るには
どうしたらよいのでしょう。
ひとつに自分の中に眠っている潜在能力や喜びを引き出し、
伸ばすことで乗り切れるのかもしれません。

サルをはじめとして一部の動物は感情の上に知性があります。
人間も例外ではありません。

また人間は加齢につれて探究心がなくなります。

ですので、人間本来の感情を意識するようにし、
それから日々なくなりつつある探究心を自発的に育て、
自律した発想を得、やり遂げた感や、手ごたえを味わうことで
潜在能力や喜びを引き出すことが可能になると考えられます。





扱いやすさならマネキンはピカ一ですが。


織の成長

一人一人の寄せ集めが組織となりますが
単純に人は集めたからといって能力的に1+1とはなりません。
そこで組織として継続的に良くなっていくには、
以下4点を伸ばす必要があります。

1訓練を通して、続けること
2他人を認め、助け合い、失敗を赦すこと
3模範となるような行動を取ること
4意欲的になれる、挑戦できる目標を持つ


すると二人の組織における合計能力が、3にも4にもなったりします。


れからの組織

日本人はこの数十年といった短い期間において技術発展しました。ですから
現代ではその個人や会社、社会とのギャップで心が付いていっていません。
そこで、心を充足する必要のがあります。心の充足する、言い換えるとこれは

連携すること

にあると思われます。
連携において重要なことは、

1言葉
2実行力
3他人を認める力

の3点です。

1+2ではトップからの働きかけであったり共感をすること
2+3では心の強さを強化し悪情報も受け入れる度量の広さ
が必要になると考えられます。

それを、以下読んで考えました。
「働く人の喜びを生み出す会社
(社団法人 日本能率協会 著 日本能率居受戒マネジメントセンター 発行 2009.10)」です。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿