大企業に立つ者と創業者

公開日: 12/23/2013 よき経営者の姿 感想 経営 読書





















長とオーナー

社長には創業社長と、
押し上げでなった社長

とが居ます。
前者で言うなら松下幸之助、後者で言うなら
(漫画から引き合いに出すのは失礼ですが)島耕作でしょうか。

それぞれ

優劣は無い

のだと思います。しかし

恐らく求められているもの、役割は違う

のでしょう。


ちらにせよ、企業は人を育てることが根本にある。

働き蜂のように、兵隊と子育て、
即ち、プレーヤーとマネージャーは異なります。

共通項目として、経営とは実務の追う人を動かすことですが
それには重要な点が二点あると思っています。以下に示します。

一点目は考え方についてです。
  • 誰もあがらうことの出来ない素朴さ
  • どうしようもない諦めと責任感の元にある柔らかい強さ、
  • 公の心やお客さんのことを思う思いやりを持つこと
が必要と感じます。これらを総合して、

人生で何を達成したいか理念を持つことが大事

だと考えられます。


二点目は行動についてです。

創業者と、大企業においてトップに立った者とで
必要なものが異なると考えられます。

1、創業者

創業者は
  • 虫のような小さな目と、
  • 鳥のような広い場所から見た目、
  • 魚のような時流を読む目が大事です。
死と直面する環境、天国と地獄を経験することから、
物事の良面と悪面を意識します。

また自分の中に加齢や甘えのあることを意識します。
これに「知」を得るスタンスを加え、
ぶれなさ、流されなさと言った決断力をもって、事業を興します。

多少抜けているくらいなほうが、
事業は回しやすい

のかもしれません。周りが協力してくれる、という意味でですね。
もちろん諸刃の剣ですけども。

2、大企業でトップに立った者

大企業でも海外勤務を経験することで、創業者のように
擬似的な天国と地獄は用意されることがあります。
しかし、実際は会社に守られていることを考えると、
真の天国と地獄ではないと思います。
一方、彼らに必要な技量としては
  • システムと人員配置
  • 資の分配
  • エリートを選ぶ
といった当たり前なことだと考えます。

そういった企業におけるあり方について、文献を参考に考えました。
「よき経営者の姿(伊丹 敬之 著 日本経済新聞社 発行 2012.12)」です。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿