良い循環に他は必須

公開日: 1/29/2014 感想 読書 負けない技術

 


















難しい世の中で気持ちよく生きるには、他からの影響を受けながら、
柔軟に、そして好ましい循環を持って生きることが大事です。
そのことについて書きました。

の中への対処

世の中は時間とともに変化します。その変化する世の中で生きるには
どうしたらよいのでしょうか、成功の法則はあるのでしょうか。考えます。


要なのは柔軟性

先に結論を書きますと、何にもありません。
ですから決まりや法則を持つことが間違いです。
すると、時間の変化に合わせ柔軟に生きることが大事なことがわかります。
また、好き嫌いを基本とし、個々人の感ずることが大事だと思われます。


くなる流れ

成功法則は無いものの、流れはPDCAのサイクルでよくなるようです。
図1.良くなる循環 他からの影響は必須です。



















(P)プラン
少し高めの目標設定をもち、緊張感を持ちます。

(D)ドゥー
素直に状況を感じます。五感を使い、多く接します。
状況を認めます。いやらしいこび、へつらいはしません。
人と人との関係では依存から関係を使います。
悪しき状況には待つ姿勢を持ち、良い状況には前に出ます。

(C)(A)チェック・アクション
目標の達成や不達成に関わらず反省をします。
また揺れない心、平常心を保ちます。


からの影響

こういったPDCAの流れで世の中が動いているのを見ると
(D)ドゥーの場面で他からの影響を受けてることがわかります。
それを認識できると、他を大切にするきっかけになるかもしれません。

それを以下を読んで考えました。
桜井章一 負けない技術 講談社 2009.9です。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿