作ると使うでわからないをわかる。

公開日: 4/30/2014 感想 創造の方法学 読書

わからないからわかったへ!


大学で社会学を学んでいる学生が多くいます。
彼らに何を学んでいるかきいてもはっきり答えられない場合があります。
はっきり答えられないことのひとつにはわかっていないことがあります。
とすると、わかっていない状態で大学に行くことで
ますますわからなくなり、混乱します。
こうした混乱するために大学に行くことは
スポンサーの親にとっては無駄で、問題です。
そこでわからない人を対象として、
わからない考えをどうしたら抜け出せるか。
ここでは”わからない”の一歩先にある”わかった”視点から
現象の理解と理論の構築方法について書きたいと思います。


循環している世界

何事も変化しながら循環している世の中です。
人間の一生も、独りの赤ちゃんから
仲間を作り最終的にはまた独りに戻る運命です。
人間社会も、こうした人間の一生・運命と同じように循環しています。
例えば権威主義とそれを崩すための戦争です。
これらは交互に起こっています。
戦争によって人命という犠牲はでますが、
代わりに権威の秩序で経済発展を得られます。

こうした循環した現象を理解するには
ある/ない、もしくはどの程度あるのか、といった
科学的方法、数量的方法を使い測定するのが望ましいです。

本来これは小さい頃に学んでおきたいことなのですが、
日本では小中学校でも情緒を作文にあらわすことを大事にしているため
科学的方法や数量的方法を使って
現象を理解しようと考える人も、教える人も少ないです。
これは残念だと思います。


現象の原因を分解し、理論を作る。
理論を別の現実・現象に適用する。

また多くの現象を理解することを考えた場合、大局的に見ると
結果に対し、
複数の原因で成り立っているように見えることが多いです。
そうした場合、複数で成り立っていると思われる原因を
一つ一つに分解した後、理論という概念を作り出して
別の事例・現実・現象に対して適用します。

こうした手順をとるのは、人間が理由があると覚えやすいためです。
突然ぱっと出た理論よりも
体系だてられた理論のほうがわかり易いことが言えます。

しかしこうして出来た理論も万能ではありません。
ある理論を適用しようとしても適用出来無かった場合、
理論を再構築する必要があります。
ですから人間が作る理論は常に暫定理論です。


理論作製法

こうした理論は

①原因と結果を独立的に変わる独立変数と、
 独立変数に応じて変わる従属変数で定量化し
②定量化された変数を、
 親密さから系統樹や組み合わせを用いて表やグラフに示します。

すると、よりわかりやすくなります。

当然原因と結果に分ける分け方(条件)が違っていたり
あるいは定量化が不完全であったりした場合
もしくはグラフの位取りがおかしかったりする場合などは
理論に穴ができます。

また原因と思われた結果が実は原因に作用することがあるため
観察は十分する必要があります。


理論適用方法

こうしてある程度形作られた理論は、別の現場で検証試験を行います。
検証試験を行い、理論の修正や前提条件の策定をしなおし、
多くの現場への適応が出来る一般的理論へ洗練されます。

例えば

①太陽の黒点周期が経済活動の動きと同じかの検証をする
②微生物は近くによるとより近くに接近しようとすることが
 人間にも応用できるか検証する

などを行うことによって
理論の何が要るか/要らないかなど、選択され洗練されます。
こうした考え方を知り、つくり、場合によっては使うことで
理論検証後、修正され普遍的なものになるのです。

こうしてた洗練された理論の具体的な例としては
キリスト教における聖書や、
イスラム教におけるコーランがあります。


理論の見方を変える

さらに他者の理論の見方を変えることで新たな見解を生むことも出来ます。
例えばビスマルクの名言に
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。

これは歴史を学ぶことで経験を学ぶ手間が省け、未来を拓ける
という意味だと思うのですが、よく考えると結局歴史自体も経験であるため
理論も経験も同じように重要なのだと捉えることもできると私は思います。

とすると何よりも一歩先に出ること、
これが重要なのだ、と別の結論を導き出すこともできます。



それを以下を読んで考えました。
高根正昭 創造の方法学 講談社発行 1979.9発行2008.8 35刷です。

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿