良いを手に入れる方法3点

公開日: 8/03/2015 一億人に伝えたい働き方 感想 経営 読書

古ぼけていてもしっかりした柱や点はあるものです。


 仕事でも人生でも何でもそうですが、良くなるには何をどうしたらよいのでしょうか。ここでは主に以下の三点について考え、新たな道を出せる方法や考える方法についてどのようなものがあるのかを書きました。
  1. 自分の気持ち
  2. 自分の強み
  3. 他者と協力


自分の気持ち:だめだと思わない限り可能性はある


 自分の気持ちとして・目先の利益を得ることだけを考えること・終わりだと思うことで良くなることの目は摘まれます。

 ですからあまり目先の利益やゴールを意識することなく、常に良くなる、成長できる可能性を持つことが大事です。

 そのためには問題だと思われる危機的状況でも機会と捉え、場合によっては考え方の転換をする必要のあることもあります。


自分の強み:商品開発の要


 通常出来事には二面性がありますがそのうちどちらか一面を選択することで強みを持てます。

 古い技術もさることながら、それら古い技術を組み合わせることで新しい技術を作ることが可能です。

 また高利益品を少数に売る方法がありますし、一方で少利益でも多くの方に売るという方法もあります。

 例えばお医者さんの世界でも、病気の際にあれもこれも考えられるという医者と病気と対処法をズバッと決めると医者とがいます。
 
 いずれもどちらにも良い点悪い点があります。ですからそれら良い点や悪い点を自分の中で咀嚼し、どちらかに特化することで新たな良い道が見えてきます。


他者との協力:お客さんや仕事仲間との関係


 加えて他者とのやり取りを通して
  1. ストーリーを作ってお客さんに共感してもらう
  2. 相手が何を望んでいるのか選択肢を複数持つ
  3. スタッフ間の連携・チームワーク持つ
ことが良いを手に入れる上で大切です。

 これらを得るためには陰の努力が必要です。つまり社長椅子などの見た目ににふんぞり返らず評価を気にせず汗を流して動く必要があります。


それを以下を読んで考えました。
一億人に伝えたい働き方 鶴岡弘之著 PHP研究所発行






  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿