理不尽な人の中身とその対処方法

公開日: 9/28/2015 いじめ コミュニケーション プライドが高くて迷惑な人 感想 執着 読書


理不尽さを感じるときは相手との差を別の場面で生かす。





















世の中には理不尽なことをいう人はたくさん居ますが
それはどのような人なのでしょうか。
そしてそのような人と上手に付き合うには
どのような行動をとればよいのでしょうか。
ここでは世にいる理不尽な人はどのような人で、
そうした人の心の中を探るとともに
そうした人への対処方法を考えました。


理不尽な人は思いが先行し過ぎている人

現在の社会はこれまでの社会とは違って、
柔軟で切り替えの早い価値観が求められています。
かつての「耐えればいつかは報われる」
などといった価値観では対処しきれません。
もしかつてのこうした価値観をかたくなに現代でも持ち続けているのならば、
場合によってはあこぎな商売に巻き込まれてしまうことがあります。
例えば新聞などに記載されている「老いを認めたくない商法」
に安易に従ってだまされてしまう場合がそうです。

本来人間は必ず年をとり、最終的には死にます。
刻一刻と他者のみならず自分も変化している存在です。
なのにもかかわらず、そうした生物的変化、生物的進化を否定して、
自分はこうあるべきと思うことで、上記のような新聞などに記載された
「これさえすれば若返る」といった商法に従ってだまされてしまいます。

自分が勝手に傷つく分にはかまわない部分があるのかもしれませんが
場合によっては自分のみならず、他人を傷つけてしまう場合もあります。
こうした自分の勘違いで他人に迷惑をかけてしまう
傷つけてしまうような人を理不尽な人ということができると思います。

このような状況やこうした方は思いが事実よりも先行し
新しい情報や考え方を取り入れられ無くなっています。
するとその現在より先の問題への解決を考えられない意味で問題です。

ですから出来ればこうした理不尽さや
わゆる執着は持っていただきたくは無いのですが
持つなといって持たないことが出来るようなものではありません。
たとえ持っていたとしてもほどほどであることが大切です。


理不尽を感じている心の底を探る

上記「こうあるべき」と思う理不尽さや執着心の奥底には
かつて認めてもらえなかった不充足感がある気がします。

ですから相手に見捨てられまいと思うために
変に傲慢になったり、関係維持にやっきになっているのかもしれません。
傲慢になることから転じて嫉妬心の強さも発生している可能性があります。
いいかえると相手は自分を構ってくれているといった勘違いや
わかってくれると思っている前提や甘えがあるように感じます。

もちろん相手と接する場合には
相手が自分を構ってくれたり解ってくれたりする「可能性」や
「甘え」を持つこと自体は悪くないと思いますが
これが歪んで甘やかしとなってしまっては問題です。
よく甘えと甘やかしを勘違いされている方がいます。

甘やかしと甘えとは「本当にそれを欲しているか」で違いがあり
甘やかしは甘えが満たされない割に欲求がどんどん大きくなる傾向にあります。
一方甘えは基本的に大きくなることはありません。
満たされない場合には満たされない分だけ次回に持ち越されます。


理不尽さとその心への対処方法

そこでこうした甘えを満たしたり
相手と自分との勘違いを正すためには
他人と自分との差を認め、その差を埋めたり生きる
即ち差という結果を糧にする考え方が必要だと考えています。
相手を変えることは難しいです。
ひょっとすると相手は変えられないかもしれません。
むしろ変えられる可能性よりも
変えられない可能性のほうがはるかに大きいです。
ですから自分の考え方を変えます。←諦めからの問題解決

そのためには自分自身の確固たる評価を持ち、
相手との違いを小さいうちから感じることが大切です。

それをおし進める道具としてプライドを用います。
相手に並んでやる、相手を上回ってやろうという気持ちを持つとで
失敗をしても何かしら得られる可能性を見出せるかもしれません。

その努力をする少し具体的な手段には以下の二点があります。

①逃げる

相手を褒めて見下します。
もしくは物理的な距離をとり、精神的距離をはかります。

②戦う

私はどう考えるということから相手との対決をします。
突き放すのも手ですがそれは最初か最後にしましょう。


いずれも相手との精神的・物理的距離があるときに
見えない努力を自分ですることで
次に相手と会ったときに圧倒的な実力差を見せつけることができます。

例えばいじめられている場合ならば、いじめられていない場面で体を鍛え、
これまでだったらいじめられてしまうような場面でも戦うことが可能です。




それを以下を読んで考えました。
プライドが高くて迷惑な人 片田珠美著 PHP研究所発行 2014.10です。

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿