理想と現実とのずれ

公開日: 10/22/2015 認識


 理想の自分と実在の自分のずれのあることがあります。これが認識されないと燃え尽き症候群や神経症になります。だとすると問題です。そこで、こうした問題を防ぐためにはどのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここではその方法を記します。


自分の中にいる理想と実在


 他人が期待している自分と自分本来の自分とは異なります。例えば相手が仕事などで自分に期待している場合、その人の考えにしたがって理想化された自分が出来ていますが、それは自分本来の自分ではないことが多いです。

 こうした他人の求める自分と自分の中の自分とはいいかえると理想の自分と実在との自分との違いになります。これらの違いをは考え方を改めると修正できます。


理想と実在の肥大化による影響


 こうした相手の期待している自分(理想)と自分の本当の自分(実在)のずれがどんどん大きくなると、最終的にはバーンアウトや燃え尽き症候群などになります。その病気が転じて自殺してしまうこともあります。

 日本人はもともと「本音と建前」を家族間でも使う場合があり、いつの間にか本位ではない自分を形作ってしまうこともあります。そうしたずれ、精神疾患でいう神経症ですが、これはいくつかの方法で解決されるようです。


神経症の対処方法


 ひとつは森田療法というものがあり、自分があるがままであることを良しとする治療法です。自分のこだわった流れでなく、自然の流れにのる意味で新たに考え方を取り入れると言った考え方なのだと思います。

 もうひとつに認知療法というものがあり、自分が他人と違う考え方を有していることから、自分と相手は違うことを認識することです。考え方が違うと認識することを是とします。


これらは何をしているのか


 これらの方法は自分の理想と実在を認識して理解しています。それらの違いを認識することで改めてどうするか、といった問題解決思考を考えられます。

 そうするには目標を現実にあわせるか、あるいは実在の自分を理解し理想に近づける、といった方法で対処されるのだと思います。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿