看護助手・介護職員という仕事

公開日: 5/23/2016 介護 看護助手 仕事内容

看護助手=介護の場合もあります。


























仕事には多くの種類があります。
名前を聞いただけでは「なんだそれ?」
と疑問に思うことはあると思いますが
詳細を知ることで興味が沸くこともあるかもしれません。
そこで多くの仕事の中で私が体験した仕事はどのような仕事で
それについての詳細と、 求められるであろうこと
注意点などを書いてゆきたいと思います。

今回は看護助手・介護職員という仕事です。
そのなかでも病院・介護施設の職員を紹介します。

看護助手や介護職員の詳細

看護助手は名前のとおり看護師さんの
(医療行為外の)お手伝いをしたり
入居者さんの身の回りの
食事・排泄・運動や入浴の世話をする仕事です。
介護の施設職員も病院における看護助手と同じような仕事をし、
場合によっては直接の介護だけでなく
 介護予防運動や作業療法を手伝うことがあるかもしれません。

また病院などの場合は制服のあることが多く
髪型や靴など施設職員らしい統一感があります。
一方介護施設では私服で勤務することが多いです。
髪型や靴などの指定はあまりない気がします。

一般的に介護職員(介護施設)は
入所者さんを外に連れて行くことに注力します。
一方病院の場合は
いかに入所者さんを外に出さないかに注力します。

さらに基本的に介護施設や病院はホテル同様24時間体制です。
ですからたとえば朝勤の日勤の場合は
前の勤務までの情報を引継ぎで聞いてから
おむつ交換→作業療法(場合によっては入浴介助)→昼の食事介助
 →レク→おむつ交換
といったルーチンとしての流れが概ね決まっています。
実作業以外の時間は見守りという名の入居者さんの監視をします。
見守りをしていないと、入所者さんが怪我などした場合
見守りしていた人に責任が及ぶため、
いざとなったときには手を貸すことを目的とした監視です。

必要なもの

人を移動させることが多いので、
強靭な腰と力が必要になることが多いでしょう。
後は本当は必要なのですが
入居者さんを下に見ない人権感覚が求められます。

ヘルパー二級や初級介護施設研修員の資格がありますが
それが本当に役に立っているかというと疑問です。
なくても十分仕事として通用する気がします。


注意点

基本的に看護師や介護福祉士のように
人を扱う教育を受けなくてもできますが、場所によっては
「資格がないので介護はしないで」
などといわれることもあります。
大体介護つきの看護助手の場所の割合は50%くらいでしょうか。
多くの精神科病院の看護助手ですと、
そもそも一般科に比べ看護師さんの数が少ないため、
看護助手であっても介護業務がつくと考えてよいと思います(n=2)。

またどうしてもしてやってるんだ感があると
入居者さんを下に見てしまいます。
すると、平気で暴力的な物言いをしたり、
実際手が出ることもあります。
ですからそうしたしてやってるんだ感を持たない
人のお世話をすることになんとも思わない方が
実は向いてるかもしれません。

さらに介護施設にしても病院にしても、
入居者さんの医療情報や個人情報はあります。
ですからそうした情報を知り、情報を変に乱用したりせず
上手に使うことで身の危険を守ることも出来るでしょう。
たとえばウィルスなどの感染予防ができるかもしれません。

面接での注意

特に介護職員は最近(2010年くらいから特に)売り手市場なので
特にこれといって対策することなく受かるイメージがあります。
しかしどちらかというと「組織の言うことに従います。」
といった従順な姿勢を示したほうが採用されると思います。

ハローワークやタウンワークなどの求人情報に載る事もありますが
載らなくとも直接電話で聞くと応募可能な場合があるようです。



<仕事を教えてくれる人を募集します。>
この仕事の詳細や傾向はこんなだ
どんなものが求められる傾向にあり
こんな問題点があるようだ、などといった
ほかの人に自分の仕事を紹介してくれる方
もしくは仕事に関する体験談を話してくださる方
さらに私に仕事を紹介させてくださる方
がいらっしゃいましたらご連絡ください。
伺って話を聞いて記事にさせていただければと考えています。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿