転職時のお助け人がいます。

公開日: 9/08/2013 感想 人材コンサルタントに騙されるな 読書

ャリアコンサルタント・人材紹介業というものの必要性

日本では誰にでも職業選択の自由が認められています。
そのため、転職も出来る世の中となっています。
転職をする理由は、新たなキャリアを磨きたいであるとか
今の職場環境が嫌、給料が低いなど人によりさまざまです。
ただしいずれも転職の共通点として環境が変わることが言えます。
こうした環境が変わる場合、特に一人で活動していますと
ストレスが溜まって精神疾患になることがあります。これは困ります。
それを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか、ここではその対処方法を書きます。


仲間が必要になる場合がある


対策のひとつに 環境変化に対応することも含め、
仕事を選ぶ「仲間」となる者、第三者の専門家を用い、
転職をともに勝ち取る方法があります。

その専門家とはキャリアコンサルタントと呼ばれるものです。
私はキャリアコンサルタントではないのですが、
お客さんの新たな生き方を考える場合、
このコンサルタントの知識はあって損は無いものです。
そこでここではその分類を述べます。

なお、私が生産技術から研究開発への転職をしたときには、
キャリアコンサルタントではありませんでしたが人材紹介会社を用いました。
そうした人材紹介会社に頼んだほうが
転職時の書類提出の手間などが手っ取り早いと思ったからです。

材派遣業の型

キャリアコンサルタントさんはもちろん単独で働いている方も居ますが
それだけでなく、人材紹介会社で働いてる方もいます。
単独で動かれている方はその人によるところが大きいのだと思いますが 
人材紹介会社に関して書きますと、その型として
  • お客さんが情報を登録する登録型
  • 役員など企業とお客さんとをマッチングするサーチ型
  • 企業間で野の取引、プレスメント型
の3つがあります。
例えば電車のつり革広告で見かける転職支援サイトは登録型です。


要な資質

こうしたキャリアコンサルタントという職種に向いている方は
①お客さんを待てる人
②ノルマに追われても気にならない人
です。

お客さんの転職成功が報酬となります。泥臭い仕事です。
紹介会社で働く場合、多くが会社員としての採用になりますが
私は、そぅした中でも完全歩合でできたら面白そうだと思いました。
なぜなら駄目でしたらどうするか考えられることができますし、
成功したら満足のリアル感を肌で感じられると思うからです。

それを以下を読み思いました。
山本直治 人材コンサルタントに騙されるな PHP研究所 2007年発行 です。
 
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿