絶妙なタイミングでほめるのが良い。

公開日: 10/17/2013 「ほめ上手」には福きたる ソーシャルワーク 感想 仕事 生き方 読書

人は100%死にます。誰しもしには逆らえません。
ですからそうした限られた人生を生きるにあたり
有意義に過ごすにはどうしたらよいのでしょうか。
ここではその方法を書きます。


限られた人生を楽しく生きる

人間誰しも人生は限られています。
500年以内に死ぬ確立は100%です。
そうした限られた人生において、どうせ生きるのならば
つまらない状況より、楽しい状況にしたいです。
そこで楽しい状況にするには
「褒めること」や「褒められること」が
大事なのではないかと思います。


ほめられる場合とほめられない場合の特徴

ほめられる場合とほめられない場合とでは
具体的にどのように違うのでしょうか。
以下に違いを示します。

  • ほめられると
ほめられると「認めてもらった」という欲求が満たされます。
すると良い気分になり、生き生きしてゆきます。

ほめる側も、ほめられる側も皆Happyになります。



生き生きすることで人生の余裕(遊び)が見え
そうした余裕が楽しさを生み、次の行動へのネルギー充填ができます。
気分的に落ち着く部分もあるでしょうし、
自分を今一度考える余裕もで出てくると考えています。 

  • ほめられないと
一方、ほめられないと場合によっては恐怖や無関心となります。
自己満足もしませんし、だんだんやる気がなくなっていきます。


ほめる側の行動として

相手を行動を起こさせる目的として
敢えて「ほめない」選択をする場合があります。
こうした意図があらかじめあるのならば
それを実践するのはよいことだと思います。


しかし何も考えず無闇やたらに手を否定したり
恐怖を覚えさせたりするのはあまりよろしく無いと思います。
なぜならこのようなことをした場合、忠誠心が低くなり
接そうとする気がなくなるからです。


また無闇にほめる過ぎるのも相手に
「ほめた」刺激がなくなり慣れてしまいます。
ですから適度に「ほめ」を利用することで
相手を動かすことが出来る可能性があります。



そういった意味で褒める、褒められることについて
非常にわかりやすくかかれた本がありました。
「「褒め上手」には福きたる(坂崎重盛著 PHP研究所発行 2000.5)」 です。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿