緊急時のマニュアル

公開日: 10/03/2013 ソーシャルワーク 感想 気持ち 仕事 人間関係がラクになる心理学 生きること、寄りそうこと 生き方 読書

ニュアル化時代を生きる

お客さんがあっての仕事や、自分の心をさらけ出す恋愛関係、そして
その人を今後作ってゆくであろう人生設計や自分の看取られ方まで、
まちを見渡すと多くのマニュアルが存在しています。
このマニュアルは平時のもので緊急時にマニュアルは役立ちません。
予想だにしない問題に直面し、マニュアルが役に立たなくなった場合は
どうしたらよいのでしょうか、対応方法を考えることは重要です。
そこでここでは対応法の一例を紹介します。


急時における対応

方法は主に二つあると思います。

一番簡単なのは緊急時のマニュアルを作ることです。
ある程度練習すれば身につきます。

また普段からマニュアルを基本の形としてさらに1手間加え
緊急時にも対応できる方法を自分なりに編み出す方法もあります。、
やる気を持ち、どうしたらよいか行動を考え、自分が状況によって変化します。


えば心を分析する世界

人の心は人によって異なり、
複雑なため常に緊急時をに対応しているようなものです。
そういった人の心は一つの方法だけでなく複数の方法を混ぜ合わせ
あるいは一つの技法をマニュアル以上に考えたりします(折衷派)。

私はまぜこぜの考えから組み合わせて新しいことを模索することが
好きなので、いわゆるこういった折衷派の方の考えは好きです。

以下の文献を読んで考えました。
國分康孝 人間関係がラクになる心理学 PHP研究所 1992.7です。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿