チャンスを得て富や情報を得るには。

公開日: 11/05/2013 リスクの裏にチャンスあり! 感想 教育 経営 仕事 読書


本の非常識と異端な人。

日本には「出る杭は打たれる」という諺があります。
これは文字通り異端者は疎まれる事を指します。

そうした異端者の一例として、経営者さんがあります。
一般的に経営者さんはお金や信用を多く持つことが望まれます。
そうしたお金や信用を多く得るためには
他者との違いや異端性、独自性を認める必要があります。


異端性を極める方法・情報収集

そうした異端性を認めるには、はじめに
他との違いを認識することが必要です。
そのためには、良いも悪いも
情報を集める必要があります。

かつて情報技術が発達していなかった頃は、
新聞などの紙面に印刷された「文字を使って」情報を集めていました。
しかし現在は掲示板やメールなど「インターネットを使って」
簡単に誰でも、安価に情報を手に入れることが出来るようになりました。

ですのでこれを言い換えると誰でも、
簡単に情報を手に入れられることから、
誰しも異端になりえ、
誰しも富を得られるチャンスがあります。



情報収集の方法

ただ情報を仕入れる際、
おかしな情報を鵜呑みにしてしまうと、
自分が損をする可能性があります。
ですから情報の見極め・取捨選択をすることは非常に重要です。

そのためには以下2点をおさえる必要があります。

 ①ひとつめは出所をるかまえることです。


最近では情報ネットワークにより
情報の一次ソースを得ることが出来ます。
その一次情報をいかに拾うか重要です。



②ふたつめは情報の質を高めることです。

情報の速さだけを考えると、
無価値な情報を集めてしまいがちです。
場合によっては投資をし、質の高い情報を仕入れます。


出所のしっかりした、質の高い情報を
仕入れる必要があります。

情報収集後は取捨選択

そして素直に情報を仕入れながら
一方で自分の違いやよさを持ちうるため、
時には情報を捨てる覚悟を持つことは重要です。

自分の感性と照らし合わせ、
必要ないと感じた情報は容赦なく捨てます。
すると独自性が見出せます。



それを以下を読んで考えました。
 「リスクの裏にチャンスあり!(竹村健一・堀紘一著 PHP研究所発行 1998.1)」です。



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿