もう一歩の声掛けと態度を。

公開日: 11/22/2013 その転職ちょっと待った! 感想 仕事 若者のための仕事論 就職 新人教育 読書
















「これやっといてっていっただろー」
「何度も言うとろうがー(怒)」
といった話を聴かされるほうはつらいです。
するほうはもっと嫌なんですけどね。

社会に出て、上司や先輩、後輩にそのようなことを
言い、言われた経験は誰でもあると思います。
私もあります。ありました。


社や組織に入る新人さん

新入社員の方や新人さんが居ます。
彼らと仕事を協力してやるうえで最も重要な要素は
コミュニケーションだと私は思っています。



















彼ら新人さんは今後の会社や仕事を担っていく上で重要な役割を果します。
そのような人に対して
先輩や上司は見守っていく必要があるのかもしれません。
ご自分が教育されてきたように。
でも決して同じ教育をしましょうというのではなく
あくまで態度として見守りましょう、ということですがね。


守り方、状況や自分を認めてみては

かつての「俺のときはこれでよかった」のかもしれませんが、
時代が変わっていることを認識しましょう。
やり方が変わっていることを、知りましょう。

従来の
「俺のまねをして付いて来い」、だとか
「これをしろ!」
などというと、仕事の「作業」はできるのかもしれませんが
新人さんが成長するという点からするとそれでは足らないのかなと思います。
「お前の代わりなんかいくらでも居るんだ、さっさと辞めちまえ
なんて結構どきつ言い方で物言いをする方が時々居ますが、

そんな思っても無いことを言ったら
自分に跳ね返ってきますよ。
と思う部分が私にはあるわけですね。

自分の下に付いた新人さんを上記のように指導し、
本当に新人さんが辞めたらどうなると思いますか。
自分はいつまでたっても
下っ端のような仕事をし続けなければなりません。
いやぁ、それがいいっていうのならばそれでもいいと思うのですがね。
定年まじかまで若者と同じ仕事をできるって言うことも幸せなのかもしれませんが。。。。
ま、誰しも得手不得手があるありますから。。。。


いところまで来ているので後一歩

でもそう新人さんに怒号を飛ばすような人も
実は新人さんが動き出すまでの近いポイントまで来ているのだと思います。
ですから押し付けではなく、提案。
命令ではなく、したりしなかったりした場合にはどういうリスクを持つか、といった
感情的でなく論理的に説明できるようにしたら
意外や意外、新人さんからも辞めることなく仕事が回るかなと思います。

そうすると新人さんも動きやすくなるのではないでしょうか。
先日読んだ本の高間さんが言うていましたがある意味では新人さんを
お客さんだと思って接する。そういう余裕が上司や先輩には欲しいところです。

実際傍目に見て、余裕の無い店員さんを見ていてどう思いますか
怒号の響いた殺伐とした売り場でものを買いたいと思いますか。
私はそんな殺伐とした雰囲気の店でものは買いたいと思いませんね。
一時が万事という言葉がありますが、新人さんに怒号を浴びせるような人は
いつかどこかでお客さんにも怒号を浴びせるようになるのだと思います。
浴びせなくても態度で出ると思います。注意です。

さらに上司や先輩さんは発言に誠実であっても欲しいとも思います。
言っている事とやっている事が違うのならば襟を正しましょう。
間違っていることを気づいたのだとしたら、
たとえ相手が新人さんだとしても謝る訓練をしましょう。
自分が悪いのにも関わらず、謝らないのは不誠実です。
もちろん、嘘をつくなというわけではなくて、状況によっては
真実を語る必要のないこともあるでしょうけどね。



考文献と要約

そういった仕事に関することを以下の二冊を呼んでいて思いました。
「若者のための仕事論(丹羽宇一朗 著 朝日新聞出版 発行 2010.4)」と













「その転職ちょっと待った!(荒井千暁 著 アスキーメディアワークス 発行 2008.5)」です。


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿